CSR調達におけるサプライヤーとの協働

取引基本契約書に、環境保全に関する条項として、「廃棄物削減、省資源、省エネ、リサイクルを推進し、地球環境に与える負荷の軽減に努める」旨を定めています。また、購買管理規程にて、サプライヤーからの金品受領や社会通念の範囲を超える接待を受けることなどを禁止しており、サプライヤーには書面で当社の方針を周知しています。

グリーン調達の取り組みとしては、2017年10月に「ミウラグループグリーン調達ガイドライン」を制定。有害物質の調査を開始し、自社のボイラ薬品は、ガイドラインに記載された有害化学物質の非含有について保証できる体制を整えています。全サプライヤーに周知するとともに、主要サプライヤーに対しては説明会を実施しています。