人権の尊重

企業行動の基本的指針として、「ミウラグループ企業行動規範」を制定しており、その一つに「人権の尊重」を掲げています。そのなかで、「従業員の人格、個性を尊重し、自由かつ公平な職場の実現に努める」とともに、「人種、国籍、民族、宗教、信条、性別など、非合理的な理由により差別的な取り扱いは行わない」ことを明文化しています。

ハラスメント防止体制

当社では、ハラスメント防止対策として、以下の取り組みを行っています。

  • 就業規則でハラスメント行為を禁止
  • 懲戒規程でもハラスメント行為が懲戒事由になる旨を明記
  • 相談窓口は公益通報先に加え、社内に複数の相談窓口を設置、社内ポータルサイトにも掲示するなど多くの申出手法があり、匿名での相談も可能
  • LGBTに関する相談も相談窓口にて個別に対応
  • 「セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止要領」を策定し、①事実確認にあたり相談者および行為者などのプライバシーの保護に十分配慮しなければならない、②会社は相談などを行ったこと、または事実関係の確認に協力したことなどを理由として、不利益な取り扱いを行ってはならないことを定めている
  • 入社時研修と新任役職者研修での教育を実施

これらの取り組みの結果、2020年3月期はパワーハラスメント1件、セクシャルハラスメント1件がありましたが、いずれも軽微な事案であり、早期に解決済みです。