調達におけるBCPの取り組み

災害に強いサプライチェーンを構築するため、調達におけるBCP(事業継続計画)として以下の取り組みを毎年実施し、平時から準備しています。

  • 調達業者のBCP策定状況の確認
  • 調達業者リストの変更確認
  • 対象機種部品の安全在庫の見直し
  • 調達先のリスク評価と安全在庫の見直し
  • 調達先の代替先の検討
  • 汎用品サプライヤーのデータリストおよび各種部品表のデータ整備

災害時の在庫管理、
部品、薬品の確保

過去の災害経験から、被災時の必要部品を選定、安全数量を確保しています。本社機能の復旧までの最大1ヵ月間、全国の拠点間で製品や部品、薬品の融通ができるよう備えています。
特に、消耗品として大量に必要な水処理製品については、安定供給できるように分散在庫の強化など、在庫の確保を図っています。

三浦アクアテックの薬品倉庫